シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは

【基本理念】
 会員による自主的・自立的運営
  シルバー人材センターは会員による会員のための運営を基本としています。

 共働・共助のもとで働く
  会員がお互いに協力しあいながら働くことを基本としています。

◆国で認められた公共性の高い「公益社団法人」です
 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づいています。
 会員に対し就業機会の提供を目的としています。
 国及び市からの補助金、会員の会費、及び事務費で運営しています。
 公益法人であり営利を目的とはしませんが、ボランティア団体ではありません。
 会員が自分たちで役員を選び、運営をする会員組織です。

◆高齢者の中で次の希望を持つ方々の「生きがい集団」です
 健康のために汗を流して働きたい。
 長年つちかった高い技能や豊かな経験・知識を提供したい。
 佐倉市の地域社会のために役立ちたい。
 年金以外に追加的な収入が欲しい
 サークル活動で仲間を増やしたい。

◆地域社会に「貢献」します
 日常生活に密着した臨時的・短期的・軽易な仕事をお引き受けします。
 佐倉市内の一般家庭、民間企業、公共団体、官公庁がお客様です。

◆高齢者のための「新しい就業システム」です
 佐倉市在住の原則として満60歳以上の就職していない方で、健康で働く意欲と能力があり、シルバー人材 センターの目的に賛同している人は誰でも会員になれます。
 会員の技能・技術を高めるために各種の講習会を実施しています。
 高齢者の安全に配慮した仕事を受注しています。
 就業は、通常の場合、請負または委任によって実施しますので、センターと会員、会員と就業先との間に雇 用関係はありません。

シルバー保険(傷害保険、賠償責任)で安心して働けます。
 センターでは団体保険に加入し、傷害事故、賠償責任事故に備えています。
 雇用でない就業システムは世界にも例をみない新しいシステムです。

仕事の依頼から配分金のお支払いまでは下記の流れです。